相場の風~師匠から弟子へ~

相場の風はHatenadiary閉鎖によりこちらへ移動しました。

今週の添削

 

 

「今週の予想」

未曾有の10連休を前に今週の株価はいかに!大方の予想は一旦手仕舞い、安心して連休を過ごしましょう!ですから予想どうりとなれば
手じまい売りの圧力が高まり売り有利な一週間となります。

今まで経験のない10連休だね。実質6営業日休むことになるけど、年初の為替への仕掛けなどが頭にあるせいか心理的に抵抗感を感じるのかもしれないね。

4/27~5/06の10日間の間にはFOMC,米雇用統計などの重要指数の発表が予定されていて株価にも大きな影響が考えられます。どちらに振れるかはわかりませんが10日間のノーガードは危険すぎると思います。

この10連休も年末年始と同じく厄介なイベントだね。海外はあまり休場がないから日本市場の様に休んでいると他市場より日柄がどんどんずれていく。日本とアメリカの日数計算が合わなくなっていくのは、わざわざ相場を難しくしているようなものだと思うよ。

検証(1990~2018)連休前4/25翌営業日買い付け(10日平均売買代金5000万以上の銘柄)買い付けから9営業日目の寄り付きで売却

勝率60.13%
平均利益  10539円  +5.27%
平均損失  -7861円  -3.93%
PF   2.022

こんなデータも見つけました。連休前は必要以上に売られて連休明けは元に戻る?それでは各指標を見てみます。

過去のデータでは、確かにそのような勝率のようだね。勝率、PFも良好だけど、今回ばかりは一日も市場が開かないのでこれを完全に信じるかはなかなか難しいところ。

「225日経」株価は上向きの三線の上にあります。しかし高値の22345円を取りきれずヨコヨコで推移しております。高値圏のアイランドリバーサルは珍しい足型です。2003/10  2004/01 2006/09 このあたりでしょうか。

ここから下げれば綺麗に決まりますがいかがでしょうか?下値と上値のトレンドラインの中間線上に株価は位置しており上に行くか下に行くか判断の難しいところです。日柄からすればそろそろ調整が入っても良いような日柄です。

上値がなかなか伸びないね。米国は堅調ながら連休に対する警戒の現れかもしれない。形的には上昇しやすい状況。小さい値動きでヨコヨコだった分9MAが株価に追い付いてきた。21.63MAも追随しているのでチャート形状は良くなっているね。通常であればここから上に抜けだすパターンになりやすいけど、10連休を控えて動きは悪い。

「TOPIX]危ういチャートです。接近する9,21MA付近に株価はありますが9MAを僅かに割り込んでまいりました。すぐしたの21MAで反発できるか否かが見所です。1550と1650のレンジに株価はあり、この範囲を上下に動いております。このままですと63MAも上昇してきます。 三線集結の様相か?金曜日の終値でNT倍率は13.73と過去最高値でした。

TOPIXは綺麗に上値の抵抗線に阻まれている。経常的には三角持ち合いだけど、決め手に欠ける中で煮詰まってきているね。三線はかろうじて上昇傾向だが方向感のない相場になっている。NT倍率はあまり気にしても仕方ないよ。場面ではうまくいく事もあるけど、普遍性のある優位性はなかなか確認できていない。

ドル円」実体は三線の上にあります。明確に112円を取りきれていない現状でさらに上を見ていけるか否かです。師匠の受け売りですが、そんな目線でチャートを見てみると上昇3波目の終焉に見えてきます。

ドル円は戻りを試したものの上値を取り切れず9MAを割って来た。ドル円も同様に方向感に乏しい相場展開となっている。10連休に噂の仕掛けがあるのかどうか気になる所だね。

NYダウ」強い!最高値26951$まで後350$、週足では9MAがGC株価はその上にあり上を見ていけそうなチャートです。日足でも株価は上向きの三線の上にあり強い形です。

DOWは相変わらず強いね。三線も上昇で日柄以外は問題が見当たらない。10連休中に最高値更新の可能性もあるか?

「SP500」こちらはダウに比べてやや不安な形になってまいりました。4日連続の短い陰線ですがまだ9MAの上でかろうじて頑張っているようにみえますが調整入りを暗示する形のようにみうけられます。

SP500も昨夜の上昇で最高値目前となってきている。チャートの形は悪くないよ。いずれ日本市場は動かないので見守るしかないね。

おおむね世界の株価はアゲアゲに見えますが米国の指数「ラッセル2000」がやや弱気な形になってまいりました。「米国株のカナリア」と言われる指数だけに気になります。(実は今日知ったばかりですが、、、)

いつも新しいネタを見つけてくるねwwwいつも言っているけど、気になるならそれを検証して優位性が確認できてから言わないとね。なんでも付け焼刃じゃプロにはなれないよ。

各指標を見ても決め手になるものも発見できませんが週末までのチキンレースと読んで今週は売り!売りで勝負です。

「4063信越化」三線上向き株価はその上に位置しますが短い陰線のヨコヨコの動きで強さを感じられません。上値の抵抗帯(10400円)を越えてきたので大きく落ちることは無いとは思いますが、10連休の買い控えを考えて売りで臨みます。

今週は「225」売り!「4063信越化」売り!

案外するすると上がる  師匠のお言葉が耳に残ります。

連休前なのに税務調査でへとへとだよ。今週はここまで。

今週の添削

 

師匠、今晩は!チャートを動かしながら5日先を予想するトレーニング(金力UPトレ)を朝からやっておりました。ヨコヨコの動きのときの予想は難しく上がると思えば下がりで小さな往復びんたを何回も食らいました。又三線集結からの暴下げや上げも細かい上下を注意しないとエライコッチャになってしまいます。先週は帰宅後も呑まないで嫁の作った「おにぎり」片手に「金力トレ」を三日やりました。週に三回もお酒を抜いたのは10年ぶりくらいと思います。師匠、もう少しお時間をください!かならず「祇園」にご案内もうしあげます!

いいね金トレ(笑)目移りせずに株価と3線の相関をしっかりとつかむことが重要。それが分かってくると色々な定番パターンを見つける事が出来ると思うよ。祇園は楽しみだね。気長に待つことにするよwww。

今週の予想イギリス離脱延期を受けてかクロス円は軒並み円安方向へ振れました。これにより株価も持ち直し再びボックス上限まで戻しました。今週はこのボックスを抜けるのかはたまたボックスの動きに習い下を見に行くのかを見極める作業です。来るべき10連休にそなえ手仕舞いを考えれば上値は重いような気がいたしますがいかがでしょうか?

何も決めずに離脱するのはハードルが高いから、離脱延期は順当だろうね。リスク要因延期で少し緩んだみたいだ。どうしても10連休を考えてしまうね。何か起こるのか起こらないかわからないから、不安になってしまうけど、案外こういう時ほど株価はするすると上がったりするものだから難しい。

日経平均三線は上向きで株価はその上にあります、先物の朝方の終値はなんと22070円となっております。これで日経はGUで始まる確立も高く、BOX抜けからのスタートとなりそうです。もちろん寄り天も考えられます。チャートは三線上向きで株価も下髭の陽線で9MAに守られ上に行きそうなチャートに見えます。

日経平均は先週の円高場面で下げたものの9MAが効いて上昇。直近のBOX上限を越えて22,000円台に入って来た。窓を開けての上昇で少々不気味な状況。9MAももうすぐ22,000円に迫るが、このまま上昇していくとアイランドリバーサルを形成するかもしれないね。個人的には少しずつ売りを考えたいところに来ている。

「TOPIX」日経にくらべてやや弱そうなチャートです。株価は9MAと21MAの狭い間に挟まれた陰線です。しかし先物は1622.5で引けていますのでこちらも9MA上からのスタートとなりそうです。そうなれば株価は三線の上に出てまいりまして上やや有利となりそうです。

TOPIXは先週21MAまで押したが上昇力は日経ほどではない。未だBOXの中にあって上値の抵抗線が効いているようだ。資金が主力から小型に向かっているような雰囲気を感じるね。

ドル円ドル円は上げて120円で引けました、実体は上向きの三線の上にあり上値のトレンドラインを越えてまいりました。ここから下がればダブルトップをつけての下落ですし、上がれば逆三尊殻の上昇となります。ここもまた、どっちやねん!ですが三線の様子からゴールデンクロスの9MAを考えればトレンドライン突破で上昇を見ていけるチャートです。

ドル円は先週の21MAまでの押しから9MAの上まで戻って来た。しかしながら112円を明確に越えられていない。上値の抵抗線が効いているようだ。形的にはTOPIXと似たチャート形状となっている。基本の考え方は上に向いているが、上値が取れない状態が続くともう一度下を見に行く可能性が高まるので注意したい。

NYダウ」強い!またまた9MAの上に出てまいりました。三線上向きの株価はその上で陽線、9MAとの乖離もなく上を見ていけるチャートに見えます。価格帯別売買高グラフでもここから上は軽そうに見えます。ザラ場最高値26951$まであと少しです。怖いけれども上を見ていけそうなチャートに見えます。

DOWは確かに強いね。経済指標も悪くないし、最高値が見えて来ているだけに期待は高まっているだろう。三線は上昇となっているが、出来高の盛り上がりに欠ける印象を持っている。値動きも少なく市場のエネルギーがあまり感じられないのは私だけだろうか?

「SP500」株価は上向きの三線の上にあります。淡々と上げてきていますが日柄が気になります。チャートもダウ同様上有利に見えます。

SP500は絶好調だね。最高値までかなり迫ってきている。確かに日柄は一杯といった印象だね。そろそろ変化が出てくるか注視したい。GW中に変化されるとなかなか厄介だけどね。

どの指数も買え買え!上、上!と言っているみたいです。三角持合上離れと考えれば買い!目標は前回高値の22698円(12/03)または節目の22500円万が一(?)22500円まで来たら今週はドテン売りを決めてみたいと思います。

ドテンね、新しい予想の仕方だね。あまり日経にばかり目を向けていると足元をすくわれるよ。今一番重要なのはドル円が抜けるかどうか、ドル円の影響が一番大きいからちゃんと見ておこう。

「4063 信越化」上値トレンドラインを抜けてまいりました。三線上向きで株価はその上にあります。急上昇なので調整も考えます。21MAとの乖離は8.84少し危険なレベルです。ドル円はまだ円安に振れそうですがこちらは売りで臨みます。

信越先週上値の抵抗線を越えて来たね。実際のところここから一気に上に持っていくのは難しそうだね。現在の上昇波のトレンドラインからは上値上限に一旦達している印象だ。更なる上昇には日柄の整理が必要なため一旦足踏みすると考えるのが妥当だね。21MAが上昇してくるまで踏み留まれるかが今後の相場を決めるポイントとなる。

それと抵抗線とトレンドラインを混同しちゃだめだよ。

225先物  買い4063  ・・ 売り  今週はこれで臨みます!

今週の添削

師匠、こんばんは!今日は三線に加えてボリンジャーバンド21MA+2σ-2σを入れてみました。さらにRSI(9日)と21MAからの乖離率をいれてみました。

「船頭多くして船山に登る」かな?たとえば、震災時の暴落でもボリバンだけを頼りにすれば-2σタッチで反発かな?場面の前日でした。しかしその何日か前に9MAはDC、5陰連で下げの暗示でした。あくまでも判断の中心は三線と株価の位置としてもう少しこのチャートで検証してみます。

うーんどうかね?そもそもボリンジャーバンドを使えなんて言ってないよねぇ。苦笑 参考にするのは良いけど、ボリンジャーバンドもダマシが多くてちゃんと読むにはかなりの経験値が必要だよ。急落時には使えないしね。急落時は乖離率の方が使えるけどしっかりデータを取ったうえでルール作りをしないと足元救われるよ。何にしても基本が全て、余計なものに手を出す暇があったら三線と株価の関係を研究した方が確実だよ。

今週の予想
「日経225」日経は20900円と21900円のボックスの中で動いております。21900円を抜けるのか?はたまたここを天に20900円方向へ戻りボックス継続か?ここを予想いたします。9MAは21MAをGCしました。63MAはやや上向きになってまいりました。株価はその上にあります。ボリバンでは、この位置は+2σですからソロソロ調整の場面です。しかし三線と株価の位置からすればまだ上を見ていけるチャートに見えます。他の指標を見てみます。

ボリンジャーバンドなんて使うから余計チャートが見にくくて基本を忘れた見方になってるね。三線抵抗線支持線を毎回引かないと見誤るよ。三線は良くなってきたけど、BOXの上限に差し掛かっているよね。上を見ていけるチャートとは?明確に上抜けるまではBOX相場継続と考えるのが基本。どうも最初から上に行く想定で予想している感じだね。

それから、今月末から始まる10連休がとても気になります。機関投資家は別にして個人投資家は一旦手仕舞い派が主流だと思います、となれば売り圧力が増し下げ要因となるのでしょう。さらには10連休のノーガードの日本市場、海外ファンドの狙い目か?1/03の105円を思い出します。さらには英国のドタバタ、ドイツ銀行のピンチ。新元号は5月から、そんな時期に暴落を許すのでしょうか?あぁ~どっちやねん!ちなみに平成元年は1989年1月18日、株価は上昇を続けてその年の12月末38957円(ザラ場)を記録!令和はいかように?

10連休に向けて手じまい売りが出るのは確実だろうね。海外勢も日本株売りを継続している以上連休中の仕掛けは可能性として想定しておいた方が良いだろう。10連休が市場参加者共通の懸念材料だね。

海外の材料の強弱は実際にその場面になってこないと見えないね。新元号と株価の相関性は考えるだけ無駄。そもそもサンプルが少なすぎるし、改元で株価が上がるなら10年おきにやるだろうwww

TOPIX]株価はGCした9MAの上、63MAやボリバンの+2σまでまだ少し距離がございます。日経に比べてもう少し上を見ていけるチャートです。

TOPIXもBOXの上限に接近。3線は上の並びだがこれはドル円次第。取りあえずチャートが見にくくなるのでボリンジャーバンドは書かないでくれるかな?そもそもちゃんと読めればそんなもの必要ないから。自分で研究して優位性を確認できるレベルになったら教えてくれれば十分だよ。付け焼刃で使えるほど甘くないよ。

ドル円」実体はGCしそうな9MAの上にあります。節目の112円を抜けるか否かという形です。上昇する9MAに守られ上を見ていけそうなチャートです。

ドル円ゴールデンクロス。短期の日柄で考えると一旦緩む場面を想定する必要がある。前回の111.89と112.13を越えて来ていないから上昇波動とは明確に言えない。今ちょうど9MAにぶつかっているからここで反発できるかどうかが大きなポイントとなる。

「NYダウ」強い!最高値26951$にあとわずかの26424$で引けました。週足も9MAの上に出てまいりました。日足も上向きの三線の上です。新高値の小さなクロスが気になりますがまだ上に行きそうな形です。ボリバン2σタッチですがこの場合三線優先です。

DOWは強いね。三線上向きでゴールデンクロスしている。上昇波動継続だがここ数日出来高が低調なのが少々気になる。株価ヨコヨコで上昇力に乏しい気もするが9MAが上昇してきて押し上げられるかに注目したい。

「SP500]上向きの三線の上に株価はあります。緩やかな長い上昇トレンドがどこまで続くのか不明ですがそろそろ長い上昇が転換してもいい日柄です。ただしまだその兆候が見えません。上方向についていくチャートに見えます。

SP500も強い動き。徐々に上値を切り上げて来ている。綺麗にトレンドラインに乗っているから下げても9.21MAが効くだろう。

上に行きそうな各種指標を参考に今週は買いで勝負です!

「4063 信越化」週足で見れば大陽線で63MAを久々に抜いて参りました。株価の下では9MAがGC,上昇の兆しです。日足を見れば、上向きの三線の上に株価はあり上値のトレンドラインを越えてまいりました。10400円弱の抵抗帯を超えられるか否かが今週の見所です。10400円は4度目の挑戦です。どの挑戦よりも三線の形が良いように見受けられます。ここは10400円突破で買いで勝負です!ただ、気がかりなのはRSI88.5、21MA乖離10.55です。この付近で揉んで抜けて行ってほしいものです。

先週の上げは素晴らしかったけど、強力な上値の抵抗線である10,400円に到達したね。ここですんなりブレークすると考えるのは少々気が早いかな?この場面では相応に売りが出てくるだろう。まずは9MAを待って地固めできれば再度の上昇が期待できる。ただドル円に影響を受けやすいからドル円の動向には最新の注意を払わないといけないね。

今週の添削

師匠こんばんは!

負けが込んでまいりました。来週あたり少し現金注入で気合を入れなおします!

相変わらず前半は負けが込むねぇ。まぁボラが大きいときにやられるよりはいいけど、年明けから面白い動きの少ない相場だからコツコツとやっていくしかないね。
「日経225」株価はやや下向きの21,9MAとやや上向きの63MAの間にございます。63MAが下値支持線として機能しています。株価はこの63MAと21700円付近の上値抵抗帯の中を上下しているように見受けられます。今週はこの中を株価がどのように動くのかを読み解く作業です。先物は21300円で引けました、またダウも高値をとりに行きました、ドル円も円安方向です。これを受けて日経も上方向に動くような気がいたします。
上方向に動いた場合

ア、9,21で跳ね返され63MA付近まで下がる、または63MAを抜ける。

イ、9,21を抜けて抵抗帯付近(21,700~21800)まで上げる

ウ、抵抗帯をも抜いて上昇する。
予想を確定するために各指標を詳しく見ていきます。

今週はなかなか難しい場面だね。日経平均は63MAに下値を守られたけど、下向きの9MAと下げ気味の21MAの下にある状態。週末の米株高とドル高で週初高くなるのは見える。新元号のご祝儀買いなんて話もあるけど、思ったよりも上値が重い印象だね。21,000円~22,000円のレンジに入っているからどちらかに抜けるまではつまらないレンジ相場となりそうだ。こういう状態の時は日替わりで方向が変わりやすいから注意が必要。守りのポジションを心掛けよう。
TOPIX」株価は9,21と63MAの間にあり日経とほぼ同じ形ですが9MAがわずかに21MAの上に出ています。さらには63MAも上を向き始めておりますので「日経」にくらべてやや上方向有利に見えます。しかしどちらのチャートも株価は9,21MAを奪回できておらず、さらには9,21MAは下向きなので予断は許されない形です。さらに、上昇の日柄も62日目ですから(10/02からの下降は58日)ぼちぼち注意が必要です。

TOPIXも日経とほぼ同様の動き。だが3線は少しずつ上向いてきている。9.21MAが効いている印象だからここを守れば上に抜ける可能性が出て来たね。
ドル円ドル円は63MAに支持されて下向きの21MAを抜いてきました。こちらも方向は上と見られ平行となる63MAをぬいて行くのか否かが見所です。もう何日かこの付近で株価が粘れば9MAは上を向いてきますのでDC解消の動きも期待できます。

さて重要なドル円。先週63MAからの戻りの場面。一気に9,21MAを抜いてきたね。21MAは下向きだけど9.63MAが上向きとなっている。短期の上値トレンドラインを抜けて来ているようにも見えるね。ここで粘れば日々9MAが上昇してくるから堅調に推移する可能性も十分。ただ、一旦63MAまで押してくるようだと三線集結からガチャガチャとした展開になり方向感が出にくくなるので注意したい。
「NYダウ」ダウ強し!GUして9,21MAを越えてまいりました。63MAも上向きです。週足で見ればV字回復からややいっぷく。ヨコヨコの流れですが株価は上昇する9MAの上に顔を出しそうです。ただ気になるのはここから株価が下げてくれば高値圏の三尊形成の形です。株価が9,21MAを割ってくれば大きな下落の可能性も考えられます。

DOW強いね。先週63MAまで押さなかったのは大きい。9.21MAもゴールデンクロスしてきたから形は強い。確かにダブルトップにも見えるけどチャートからはあまり下値を意識する場面ではない印象を受けるね。もう数日で9MAが上昇して来れば更に下値不安が後退するのではないかと思う。
「SP500」21MAから反発した株価は9MAの上に出てまいりました。21MAが上昇のサポートをして上を目指すチャートに見えます。全体になだらかなチャートですからダウのように三尊を意識する事はないと考えます。

SP500はさらに強い。21MAを割り込まずに上昇波動に復帰してきている。現状では上昇波動継続。下値を気にするる場面ではないね。ただし日柄が間延びしているので近いうちにしっかりとした調整波が来ることだけは意識しておきたい。

各指標ともに日柄はソロソロですが上昇を見て取れるかたちです。今週は強い米国に釣られて上に行く相場と読んで買いで参戦いたします。

「4063 信越化」上げて株価は21MAの上に出てまいりました。下がり来る21MAを9MAはGCしそうです。このGCがダマシなのか否かが問題です。株価は三角持合のほぼ真ん中に位置しており上か下か不明ですが、短期的にはドル円を参考にすれば上を目指すチャートです、ただしよく機能している上値のトレンドラインは越えられないでしょうから上げても9500円付近と考えます。と言うことで買いで勝負です!

信越化学は、先週末ゴールデンクロスとなった。ドル円の推移から考えれば買いで入るのが順当だね。一気に10,000円台に乗せて来た。長期の上値のトレンドラインもブレークしてきているからトレンドが転換した可能性があるね。

今週の添削

師匠、こんばんは!

今週の予想
日経平均は21627円で引けておりますが先物は21340円で22日は終わりました。日経平均との差が287円です。約100円先物が下げすぎの感です。さらにその後NY,ドル円の下落を受けて20970円で朝方取引を終えました。この先物の動きを見ての今週の予想です。

「日経225」株価は三線の上にありますが先物引け値から考えると21200円付近からのスタートと考えられます。そうなると株価は9,21MAと63MAの間から始まり、一気に9,21を抜けた事になります。その下にある63MA(20896円)を抜けていき二番底の形成に入るのか、63MA付近で留まり反発するのか?ここが今週の思案どころです。下値の抵抗線をも抜けての位置からのスタートですから考えられる抵抗帯は63MAの20896円前回揉んでいた価格帯 20700円ここを抜ければ直近安値19848円(12/26)と言うことになります。先物と日経を見る限り今週は下方向について行き反発ポイントを探る相場のような気がいたします。

まぁ、出だしの考え方は悪くないね。月曜日は大幅安で63MA付近まで突っ込んできた。前から教えているようにこの場面では63MAで一旦反発する可能性が高くなる事は知っているはず。さてここからだけど、9.21MAはデッドクロスの形火曜日に大幅反発したものの9.21MAで止まり、昨日は権利落ち分があったとはいえMAを越えられなかった。この場面では9.21MAが効いて再度下落となるパターンだね。ここから63MAを割ってくるのか持ち合い気味に推移するのか、他の指標を見てみよう。

TOPIX」こちらも株価は三線の上にありますがドル円、NYの急落を受けて株価は9,21MAを下抜け63MAのやや上から始まりそうです。そうなると日経と同じく63MAを下抜き二番底の形成に入るのでしょうか?

TOPIXも似たようなチャートだね。日銀のETF買いが入っているようで日経よりは幾分かましなチャート。しかしながら基本的な流れは日経とさほど変わらない印象だね。

ドル円」お待たせいたしました。あや戻し、その後ドカンと陰線、実体は63MAの下にあります。実体の上では21MAを9MAがDC。先週の添削で師匠のご示唆されたとおり円高に振れてまいりました。円高方向に考えてもいいチャートになってまいりました。

ドル円は先週書いたように63MAまで突っ込み一旦反発。先週デッドクロスが完成している。9MAに上値を抑えられ63MAに再度接近。これで63MAを割ってくると下への流れが大きくなる。108円台に入る可能性が高まってくるので、その場面では大きな株安要因となる。このところ日経のドル円相関が強くなっている印象だからドル円次第で大きく振れる危険性が高い。

「NYダウ」話は変わってまいりました。ドカンと陰線9,21MAを一気に下抜いてまいりました。ダブルトップからの下落になれば大きく下げていきます。そのためには3/11の25200$を抜いてこなければなりません。ここを抜ければ上昇する63MAまでの下落は見て行けそうなチャートです。

DOWは、先週末9.21MAを割って来たね。その後上に抜けず苦しい展開となっている。9.21MAは重なっていて方向感が出ていないが、63MAを見に行く流れとなるかは判断しにくい。

「SP500]こちらはNYダウよりも強そうなチャートです。株価は陰線ドカンですが上向きの21MAで止められた形です。ここからの反発も充分考えられるチャートに見えます。

SP500は、上昇波動を何とか保っている。株価は21MA上にあり動きは鈍い。9MAを越えるか21MAを割ってくるかで今後の相場の流れが見えてきそうだ。注目したい。

と言うことで今週の日経は低い発射台からのスタートになりそうです。そこからさらに下げるのか?ドル円、NYダウのチャート頼りにそこからさらに下げると読み売りで勝負です。

なかなか思い切った売りだねwブレグジットも最後までどうなるか見えないから難しい場面。いずれにしてもしばらくは事あるごとに円高に振れやすい状況である分下値を意識した売買をしていきたい。

「4063 信越化」株価は21MAの上に出てまいりました。やや下向きの21MAを上向きの9MAがGCしそうです。しかし、よく機能している上値のトレンドラインが株価の上昇を抑えております。ドル円の下落からも考えれば今週は4063も売りでよいと思います。よってここも売りで勝負です。

信越は思ったよりも粘っている。確かに上値のトレンドラインが効いているね。同時に下値のトレンドラインも効いている。三線集結で三角持ち合いの後半戦と言った場面だ。円高進行となれば9000円をすっと抜いてくる可能性があるね。

今週の添削

師匠こんばんは!
先週は63MAからの反発、その後ヨコヨコとなり9,21MAからの反落もなく負けてしまいました。
今週は
1、米朝関係の悪化懸念
2、FOMC(3/20 27時)
3、英中央銀行金利発表(3/21 21時)

などを乗り越え予想する週です。さらに3/21は日本市場は休場、明けて金曜日の動向も微妙です。

1~3に関しては、急なサプライズとはならない材料だろう。材料を頭に入れつつしっかりとチャートから市場の変化を見極める事が大切だよ。

今週の予想
「日経」上昇する21MAを9MAがDC、株価はすぐその上にあります。日柄から見れば下降波動継続でこのDCを素直に下げの始まりと考えたいところです。もちろんダマシの可能性もあるので予断は許されません。

日柄的にはまだ下げ余地があるけど、9.21MAの形からはダマシのデッドクロスとなっているね。今の位置で粘ると9MAが上向きに戻ってくるからすんなりと下へ行けない可能性が出てくるから注意して観て行きたい。
TOPIX]こちらはもう少し弱気が進んでいるように見えます。株価は21MAで返され上髭の陽線で引けております。9MAのDCが効いているチャートに見えます。

TOPIXも同様にダマシのデッドクロス。ただ株価がちょうど21MAに掛かっていて予断を許さない展開となっている。やはりドル円の軟化が足かせとなっているようだ。
ドル円」実態はやや下向きになってきた9MAの真上にあり(並び黒)の足型です。この足型は高値圏では天井を暗示させる形です。北朝鮮の外務次官の発言「米国が態度を変えない限り妥協したり対話を継続する意思は無い」から米朝関係は悪化懸念となり円高方向にすすむのでしょうか?

米朝関係に関しては対応できないほど急激に悪化するという心配をする必要はない。そもそも北朝鮮の得意のパターンでありすぐに相場に影響が出るほどの事は無いだろう。

ただドル円自体は徐々に軟化してきている。現在上昇中の21MAにぶつかっているが、これを割ってくると下降転換の可能性が高まってくる。基本パターンで考えれば一旦110円台の63MAまで押して小反発。戻りでデッドクロスの陰線となれば大きく円高に振れる可能性も出てくる。

「NYダウ」9MAは21MAとDCしていますが株価は21MAの上にでてまいりました。ここから直近高値(2/25)26241$を抜いてくるとこのDCはダマシとなり上昇波動継続と読めますが上値も重そうに見えます。何より大幅な出来高を伴い作った短い陽線です。18年9/21の大幅出来高、その後下落が今回の行く末を暗示しているのではないでしょうか?「出来高と株価」はあまり師匠のお話には出てきませんので思い過ごしか?

DOWは、デッドクロスの状態ながら株価は21MAをわずかに超えて来ている。上値の重さは感じるが9MAも上昇し始めわずかながら買いが優勢のようだ。FOMCもサプライズはなさそうだからリスクオフの雰囲気があるようだ。ただここで9MAを割る陰線が出ると話が変わってくるので注意が必要。

株価に関しては、価格帯別出来高の話は良くしているよね。抵抗帯を探るのが主な理由だけど、個別なら出来高も重要になってくる。指数の場合通常急落時のセリングクライマックスを見極めるうえでとても有効だけど、天井を出来高で探るのは難しいので採用していない。高値からの大陰線なら可能性はあるが、短い陽線で上値を取り切ったかどうかを判断するのは不可能だろう。過去のチャートを見ながら出来高と天井の相関を調べてみれば分かると思う。自分で統計も取らず質問を投げるというのは如何なものかね?気になるなら自らデータを取って検証しないと何も身につかないよ。

「SP500]こちらダウよりも強い形に見えます。株価は9,21MAの上、陽線で引けております。21MAに絡まりながらDCしないで再び上昇する9MAはグランビルの法則「買い」の三番です。「西洋カブレ」とまたまた笑われそうです。

SP500は強い。9.21MAは重なっているが、そろそろ9MAが上に出てきそうだ。

得意のグランビルね。それで実際に売買して儲けられるならいいんじゃないかな?リアルタイムで実用レベルに落とし込んで使えている人がそれほどいるとは思えないね。弟子が研究して実用性を証明してみたらいいんじゃない?そもそも厳格にエントリーとエグジットがルール化されていてどのくらいの勝率と利益率があるのか分かっているの?わかっていないならお化けと一緒。そんな曖昧なものを信用するのは投資じゃないよ。自分の行っている事を具体的に数値化して表すことができるのが真の投資家だよ。

今週は上値の重いアメリカ、ドル円の下振れ、そして日柄を参考にして売り!売りで望みます。アメリカが上げても日経は下がることがある(主にドル円の影響)しかしアメリカが下げれば日経は下がる。今回はアメリカが上げても日経は下がることがある、この言葉を信じて売りで参戦です。

(4063)信越化先週は63MA下からの急反発でびっくりいたしましたがチャートをよく見ると8950円付近は反発ポイントでした。今週もその反発ポイント付近からの開始ですが、先週よりも9MAは下がってまいりました。先週よりは9MAが効きそうな気がいたします。ドル円も下げ目線ですから、もう一段下を見に行くチャートに見えます。日経に先んじて下落を暗示させるチャートです。ここは売りです!

9MAは近かったからあっさり抜かれてしまったね。21MAが再度効くかどうかが最大の焦点だろう。

 

今週の添削

今週の予想

日経225:ドカンと落ちて63MAのすぐ上で止まりました。株価の上にある9MAはした向きになりやや横向きの21MAをDCしそうです。深夜先物の戻しから考えると金曜日を底に反発しそうな気配です。この反発が21MAまでかさらには9MAまでかは読めませんが、出来高をともなった陰線ですからここは「一旦戻してその後反落」又は「その後持ち合い」と考えます。波動は短期下落波動に転じましたので日柄から考えるともうすこし下に行くような気がいたします。

3月4日は転換日として機能したようだ。しかしながらこれで上昇波動終了と考えるのは早計なので注意したい。21MAは上昇しているから9MAが下にもぐってもそのまま下降波動にはならない。ダマシのデッドクロスを経る必要がある。

株価は21MAをスルーして63MAまで突っ込んだが一旦反発となった。先週の米国経済指標やFRBの姿勢軟化で米株反発と円安で警戒感が薄れているようだ。

一旦9MAの上まで戻って来たが再度21MAを割るようだと相場付きに変化が出てくるだろう。

TOPIX:こちらも225とよく似た感じのチャートです。こちらも一旦戻しますが下がり来る9MAに頭を抑えられて下を見に行きそうなチャートです。

TOPIXも同様だが日経に比べ弱い。本日ちょうど9.21MAで終わっているので明日反落すると弱含む展開になる。

ドル円GCした9、21は上向きで実体は21MA上にあります。63MAは下向きです。日柄からすれば下降波動中の調整はあるかもしれないが基本的には円高方向に向かって行くチャートに見えます。

21MAを割り込んできていないので下降波動と読むのは気が早い。現状では上昇中の9.21MAの間にあり、21MAが下値を支えているから上昇波動継続中と考える。9MAを越えてくると再度112円にトライする可能性があるが、21MAを割り込めば63MAを試しに行くことになる。上昇波動と下降波動の境目に位置している状況で予断を許さない場面と考えよう。

ダウ:雇用統計が予想を下回り一時は220[$]も下げましたが終わりにかけて[-]20[$]まで戻しました。ここから更に戻して21MA、9MAまで戻すのでしょうか?日柄から考えれば戻したところで、単なる調整で63MAまで下を見て行けるチャートと見受けられます。

DOWは、経済指標鈍化で売られ21MAを割って来た。昨夜は大きく反発したものの依然9.21MAの下にありチャートは弱いままだ。下降してくる9MAが上値を抑えるようなら再度下方向と考えられる。21MAはもうしばらく上昇傾向が続くがほぼ横ばいなので効くかどうか微妙なところだ。今夜のNYである程度見えるだろう。上値が出ないようなら63MAを目指す方向となるだろう。

SP500:こちらもダウとよく似た形のチャートです日柄から考えればたとえ戻しても下を見て行けるチャートに見受けられます。

SP500は、DOWに比べて状況は少しだが良い。再度21MAを割らずに粘れれば再度復帰できそうな位置だが今夜の相場次第で流れが決まりそうだ。

現在4:55ドル円は63MA上で戦っております。日経は各指標から見ても一旦反発、日柄から考えればその後反落又は持ち合いと考えられそうです。日経寄与度の高い銘柄のチャートを見ても概ね下落を暗示しております。今週は一旦戻すとも最終的には下落と読み売りで参戦いたします。

信越化学:株価は63MAを割ってまいりました。やや下向きになりかけた21MAをDCした9MA、63MAも下向きにです。ここはもう一度売りで参戦です。

信越化学の読み筋は大雑把に言えば悪くはない。けど、日経の位置63MAから反発の可能性とドル円が21MAで粘った(反発の可能性)を考えると一旦9MA付近まで戻る可能性を考えなければいけない。特に値がさハイテク株はドル円に敏感なので踏み上げられる可能性がある。それを勘案した結果なら外れても問題ないけど、ちゃんと想定した上の売りかな?まさか、パッと見てもう一発売りだろうとか考えてないよね。