相場の風~師匠から弟子へ~

相場の風はHatenadiary閉鎖によりこちらへ移動しました。

今週の添削

 

 師匠、こんばんは!GOTOが揉めております。翻弄されている我々からすれば好きにしてください!てな感じです(笑)コロナ第三波の中、株価は絶好調。ファイザーやモデルナのワクチン砲が炸裂です。CEM先物は現在25900円付近です。(夜の11時現在)さて今週は?

相変わらず政府の対応も、その場しのぎの場当たり的な印象だね。GOTOも結局知事に丸投げなんてスタンスじゃ感染拡大は防げないね。それにしても日々ワクチンネタで振り回される展開。トランプ砲以上に厄介だね。この状態じゃゆっくりポジションを持っているのがリスクになりかねない。きちんとロスカットを入れて不測の事態に備えておきたい。

今週の予想

「日経225」株価は上向きの三線の上にあります。上昇基調は健在です。株価は25527円で引けておりますがCMEは25900円付近で推移しておりますので11/17の高値26057円に迫る勢いです。株価は一旦押し目を付けそうな場面でしたが11/17の高値に再びチャレンジするのでしょうか?RSI(9)が75を超えているので手放しには上を見ていける場面ではないような気がいたします。そのほかの指標を見ていきます。

またもやコロナワクチンのネタで一気にリスクオン。先週株価が9MAまで下げていたので反発する可能性はあったが、この反発はやり過ぎ感が強いね。今日の大幅反発で再度過熱感が復活。9MAが効いているうちは上目線での推移となりそうだ。

TOPIX」株価がヨコヨコで9MAの上昇を待っていたと言う形です。株価は三線の上ですから上昇基調継続の形ですがここもRSI(9)82と高値圏を示しております。

TOPIXは先週ほぼ押さずに9MAを待つ形となった。そこからの上値抜けはなかなか強い動きだが、テクニカルの過熱感が強くこのまま上値を追うには、材料不足に感じるのだが・・・。目先は日経同様9MAに沿って動く流れ。

ドル円」実体は下向きの三線の下にあり下降基調継続です。鉄板の104円を再び下に抜けてまいりましたので103円を再び割に行く場面でしょうか?気になるのは日柄です、下げて197日、または173日と始点の選び方で異なりますが一目の日柄200または172を考えればソロソロ転換の場面でしょうか?現在12時45分、ドル円は104円を奪回104.25です。上には下向きの9,21MAがございます。ここを抜けるかどうか?という場面です。

ドル円は一旦反発。しかしながら下向きの9.21MAに頭を押さえられている。基本的には63MAを越えないうちは下降波動継続と考える。確かに日柄はかなり長くなってきているが、今のところ波動に変化は見られない。来年の前半にかけて少し戻す場面がありそうな雰囲気を感じている。

シティが来年のドルは20%程度安くなる可能性があると予想しているようだが、かなりあり得る数字だと考えている。これは米国株も同様だが、新大統領になって最初の半年間は比較的無難な推移となりそうだが、結果ワクチン熱が高まれば高まるほどその反動も大きくなる。ワクチン開発が順調に進んでコロナが収束に向かえば向かうほど現実に向き合うタイミングが早まる事を忘れてはいけない。結果収束が見えてくれば、これまでばら撒いた無制限QEの出口戦略に焦点が当たる事になる。来年は波乱の年となりそうだ。

「NYダウ」 ダウは現在29550$付近で三線の上に再び出てまいりました。30000$奪回の始まりでしょうか?

DOWも9MAからの反発場面の入り口か。30,000ドルを再度越えられるかに目先の注目が集まるが、例年のアノマリーで考えるとここからのクリスマスラリーに注目したい。通常であれば堅調に推移する可能性が高いが、その後に動きが出るのではないか。12月に大幅調整というシナリオはあまり考えていないが、年明けにかけて大きな調整がある可能性を考えている。さてどうなるか。

「Sp500」 現在3576Pit付近で丁度9MA付近の戦いです。こちらも直近高値3645Pit (11/09)チャレンジという場面です。基本的には3200~3600のボックスの動き。ボックス上限から上に抜けるかはたまた下に向かうかです。

SP500も同様の動き。

またまた26000円付近に戻りそうな勢いです。ダウのもたつきに比べてCEM先物は強く26000円に迫りそうです。これは現在ドル円が104.61をつけて9,21MAを上抜けしたからでしょう。こうなってくるとドル円は63MAまで上昇、そして跳ね返されるのか抜けるのかで日経の動きも変わってくると考えるべきところでしょう。下向きの63MAはよく機能しているように見えます。よって今週も先週とよく似た動きになるように思います。週前半はドル円が63MAを目指す動きに日経はついていきます。その後ドル円は63MAタッチで↓同じく日経も↓となりそうと考えます。よって売りで臨みます。
先物の動きから見れば日経は大変強い動きに感じられますが「ここから買うのか?」という気持ちも込めての「売り」ですから高所恐怖症からの売りです。

4063「信越化」長い上昇波動が継続しております。上昇する21MAタッチからの反発と読み買いで入ります。週初ドル円は↑と考えておりますので株価も↑日経は敏感に反応して週半ばからは↓ですが信越はなぜか残りそうな気がして買いと考えます。この辺はチャートではなくて勘ですから「当て物」です。反省!日経が11/17当面の天井と考えれば4063も↓と考えなければならないのでしょうがなぜか買ってみたい場面です。非常に迷います。今週は信越の売買を中止、様子見で行きたいと考えます。男らしくない結論ですがお許しくださいませ。来週は必ず売り買いを決めて参戦いたします。

基本は上昇波動継続。小勢波動が転換するまでは押し目は買いで行くのが基本。相変わらずフィーリング重視で目が曇りがちだね。www

注目!
JAL(9201)公募価格1916円で決定約1800億円の調達となる、当面株価はオリンピックやワクチン開発のスピードで揺さぶられそうです。公募価格を割れるのか?チャート的には9MAが21MAをGCしそうな場面です。63MAを抜いていくのか否かで株価の動向が見えてくるような気がいたします。長期的には海外渡航もいずれ解禁となるでしょうから買いか?

ネタは面白いけど、チャートを基本を重視して観ているとは思えないね。目先にとらわれ過ぎて近視眼的になっているよ。全体で見ればきちんと下降波動継続中で上値のトレンドラインが効いている状況。大きな下向きの三角持ち合いの中にある。目先で9.21MAがゴールデンクロスしたとしても買い場が来たと判断するのは早計。9.21MAが転換するのは最低限であって、まず上値のトレンドライン2,150円程度をぬけて直近の上値2,317を抜けてこなければ転換とは言えない。上値下値共に切り下げている状況で買いを検討するのはリスクが高いと教えて来たはずなんだけどね。。。

と言うことで225先物売り!4063は恥ずかしながら見送りです。申し訳ございません。
それでは師匠、おやすみなさいませ。ただの弟子

26000円の師匠のポジションが気になります。これを参考に今週は売り買いを考えようと思ってましたが、添削で「先物売りで入っていた」の過去形がとても気になり今週は悩みました。(笑)

さすがに弟子はそういう所だけ鋭いね。。。最近の流れから見て休みの間が危険なので利食いを入れたよ。私の行間を読むよりチャートを読んでほしい。苦笑

今週の添削

今週はちょっと色々とバタバタしていて更新する時間が取れなかったよ。弟子には直接言っていたけど26,000円から先物売りで入っていた。ドル円は103円台でじり安展開。NYは9MAまで押して21.63がすぐ下にあるのでその辺までの押しは可能性がある位置となっている。9MAまで押してきたが、下の窓を埋めに21MAまで見に行くのか、それとも粘るのか注目したい。

師匠、こんばんは!今週は7~9のGDP速報値発表からの相場です。年率換算-28.1%の前回に比べて今回は+18.9%と急回復の予想です。この辺が株価にどう影響するかも気になるところです。

 今週の予想。

「225 日経平均」株価は上向きの三線の上にあり強い上昇を果たしました。6月中旬から10月末まで続いたボックス相場を上抜けた場面です。このまま上昇が続くのか一旦調整をするのかと言うのが今週の見どころです。チャートで言えばヨコヨコで9MAの上昇を待つのか、9MAを株価が迎えに行くのかということですね。乖離率(21)は6 RSI(9)は79 と高値圏ですから一旦調整場面と考えてもよいのでは?先週に比べてさらに調整は濃厚になってきたと思います。ここからの急落は考えられませんが上昇相場の入り口の軽い押し目と考えられる場面です。先物のチャートでも株価は三線の上にあり強い上昇を見せていますがRSI(9)は97と絶好調!直近高値25900(11/10)が当面の天井となるのか?

TOPIX」株価は三線の上にありますが下降して9MAに向かっている場面に見えます。
ただし先物のチャートでは9MAに当たり反発という場面です。こちらも乖離率やRSIから見れば一旦調整の場面と考えられます。

ドル円」鉄板の底104円を抜いてあわや底抜けか?と思いましたが63MAまで戻してそこで頭を打ち9MA付近の104.6で止まっております。再度鉄板の底104円をトライするのか?と言う場面です。日柄的には一旦この長い下降波動に別れを告げる日が来そうな感じですがいかがでしょうか。三線株価の位置からしてもう少しこの緩やかな下降が継続しそうに感じられるチャートです。

「NYダウ」株価は三線の上にありヨコヨコで9MAの上昇を待っているように見えます。短期的な上げ下げの波動を取ってみると10~12日となっておりますので波動的には後2日間くらいは上とみてもいいのではないかと考えます。

「SP500」株価は三線の上にありヨコヨコで9MAの上昇を待っているようなチャートで、ダウとよく似ています。短期的な上昇の波動は10日目ですからもう少し上の時間と考えます。上えの拡散が始まつたばかりのチャートですが軽い押し目が2~3日後に来てその後1週間くらいすれば再び上昇に転じる。三線株価の動きで言えば2日後くらいから株価は9MAを割り21,63MAに向かいその後反発(3400pit)上昇を開始。

ここまで上げられますと正直買いにくい場面です。もちろん先週も同じ感覚で売りから入りやられましたが(泣)
今週は  

先物のRSI(9)の97
②ダウが2日後から短期的に下の時間に入ると言う予想

ドル円が再び104円にチャレンジという予想

以上から今週も売りで勝負です。

4063「信越化」株価は三線の上、高値更新から少しヨコヨコで時間の調整をするでしょうが過熱感もなくこの長い上昇波動に乗って行っても良いようなチャートに見えます。
日経と同じようにヨコヨコで9MAの上昇を待ちますがRSI(9)はまだ62ですから買いの目で良いようなチャートに見えます。ということで信越は買いで勝負です!

見どころは日経先物の11/10の長い上髭 25900円

ダウ先物の11/10の長い上髭 29994$

今週ここをブレークするかどうかをビビりながら見極めたいと思います。

今週の添削

師匠こんばんは!イヤーッ、まいりました。日経は29年ぶりの高値、そんなときに売りで入ってしまいました。デモトレで良かった、ラッキー!ポイントは10/30のRSI(9)が12.4、ここを頼りの「買い」でした。ドル円は鉄板の底値104円を割ってまいりましたが日経はダウの上昇に付いていき高値更新という場面を迎えました。今週はさらに更新するのかはたまた調整を迎えるのかという場面です。

目先はどちらが勝っても買いの流れとは言え、もめてガチャガチャという展開も考えていたからなかなか素直に乗れない展開となったね。これだけ一気にかち上げられると売りも買いも怖くなってしまうのが人情だね。

先週の結果[×]〇〇〇[×](先週はデモトレでしたが29年ぶりを外しましたので潔く負けを認め[×]をいただきます)

今週の予想

「日経」株価は三線の上21MAを9MAがまさにGCしそうな場面です。三線は上への拡散を予感させる強い状態です。ここは買いで臨むべき場面と見えますがどうでしょう?気がかりなのはRSI(9)が70付近であり高値圏(もちろん29年ぶりですから当然ですが...)であること。
実体経済と相場の乖離が大きくなりすぎ感」を覚えること。素直に買いに行けないのはこの2点くらいかな。さらに月足を見れば上値が重そうで、トリプルトップにも見えてまいります。ほかの指標を見ていきます。

日経は結局63MAを明確に割り込まず年初来高値更新。一気に25,000円まで駆け上がった。少々高所恐怖症気味だけど、テクニカル的には乖離率以外は大きく過熱しているわけではない。ここから買いに行けるわけもないから9MAまでの戻りを待つスタンスが無難だろう。

TOPIX」日経に比べて出遅れ感のあるチャートですが株価は三線の上です。日経は29年ぶりの高値とハヤサレテおりますがこちらは年初来の高値まで到達しておりません。1665Pitと1530Pitのボックス上限という見方もできる場面です。三線集結からの上抜けとも見て取れる場面ですから複雑です。

TOPIXも同様に大幅上昇して1,700pt。三線クロス状態だが9MAが上に抜けだしてきて上昇転換してきた。日経もTOPIXも米国株頼みの状況となっている。米国株を注視したい。

ドル円」実体は下向きの三線の下にあります。下降波動継続中です。下値は下降トレンドラインT-1付近ですから102円付近と考えます。一旦戻して下降する9MAを迎えに行くとしても、102円を見に行く場面ではないでしょうか?

ドル円は順調に下値を切り下げていたが、103円前半から急反発。63MA付近まで一気に戻してきた。これまでずっと上値を抑えて来た63MAを越えられるかどうか再度試す場面。下にある9MAがサポートとして効くようなら63MAを抜く可能性が出てくるので観ておきたい。日柄も十分なので可能性はある。

「NYダウ」強い上昇で株価は三線の上に出てまいりました。しかしながら超えるべきは10/12の28957$と9/04の29199$です。こうしてみると日経の強さが感じられます。コロナの拡散がヨーロッパや米国に比べて軽微なので日本株買いなのでしょうか?とりあえずNYダウは直近高値を越えない限り下降波動継続中の場面で戻り売りも考えられる状況です。

DOWも一本上げで年初来高値更新。30,000ドルに接近したがここからどうなるのかに注目したい。どちらが大統領選に勝っても財政出動のバラマキをすることに変わりはないから機関投資家は買いムードを出している。しかしながらトランプがワンチャンスを狙ってもめればもめるほど不透明感から流れが変わる可能性もあるので気を付けたい。

「SP500」株価は三線の上に出てまいりました。三線集結から株価は上に抜けてきた場面です。一方トリプルトップにも見えるチャートですので判断に迷います。

SP500も高値更新。基本的にはこのあたりで9MAの上昇を待つのがセオリーだがどうなるか。

毎週ですが判断に迷います。強い上昇できましたがここは一旦上昇する9MAを迎えに行く場面と考えて今週は売りで勝負です。

4063「信越化」株価は上向きの三線の上にありますので上昇波動継続中です。問題はドル円です。102円を見に行く場面と考えますと一旦調整するのでしょうか?しかしこのチャートを見ておりますと大きく崩れそうにないチャートに見えます。日経とは逆になりますがここは買いで臨みます!

信越も日経と同様上昇し高値更新。一気に15,000円を超えて来ている。今のところ波動に変化は見られない。強い相場が続いている。

一回休むと腰が引けて判断に迷います(笑)師匠、おやすみなさいませ!

今週の添削

師匠、今晩は!先週は上手くハマッタ1週間でした(笑う)今週は米国選挙でガチャガチャしそうなので売買は無し。気楽に予想だけ立てて選挙戦を見守ります。

今週は、色々なパターンは想定できてもどうなるかは誰にもわからない。予想しても仕方なさそうだから、基本のポイントだけさらっと書くよ。

 今週の予想(11/02~)

「日経225」節目の23000円を割り込み22977円で引けました。9MAは21MAをDCして株価は63MAを切ってまいりました。23700円~23000円のボックス底辺付近と見ることも出来ます。先物は22880円から急反発、23160円まで戻しました。三線株価の位置から考えれば63MAを割ってきましたので垂れてきた9,21MAが効いてきて押されて↓と言う場面です。

ようやく63MAを割って来たけど、思いのほか下値が出なかった。ここからの展開は、米大統領選次第なので読んでも仕方ない。

「TOPIX」日経よりも苦しい形です。株価は三線の下、9MAが63MAをDC,21MAも垂れてまいりました。この株価の位置は下値のトレンドラインT-1(T+1を折り返したライン)にあたりますので反発も考えられます。基本的には9MAのDCを取り下値目線で良いと考えます。

TOPIXは、63MA割れから反発したが。上にはデッドクロスした9.21MAがあるので定石では再度下に振られる場面だが、これもわからないので考えるだけ無駄だろう。

ドル円」鉄板の底値104円で跳ね返された印象が強いチャートです。高値は切り下がっておりますので下降波動は間違いないとは思いますが104円が切れない限り三角持合は崩れません。一旦円安方向に振れそうな場面です。

104円タッチからの戻り場面。一応104円の抵抗線は効いた格好だが、下向きの9.21.63MAが綺麗に並んでいるから上値は限定的と考えるのが現時点での見立て。

NYダウ」株価は三線の下、9MAは63MAをもDC.21MAがDCしてくれば波動転換の入り口と言う場面です。下りてくる9MAを迎えに行くかこの辺で待つかと言うところですがRSI(9)が25を切っておりますので一旦戻る場面と考えます。いずれにしても下降する9MAにタッチした株価がどう反応するかが見所の場面です。9MAワンタッチからの下落再開となれば教科書通りの急落相場ですがいかがでしょう?

9月の上値を更新できず、下値を割って来ているので基本は下降波動継続。9.21MAはデッドクロスで下向きとなっている。気になるのはDOW先物が400ドル近い上昇となっているのが気になる所。荒い動きになる可能性があるので油断できない。

「SP500」同じようなチャートです。ダウのほうがやや弱くみえますがどちらも株価は三線の下、↑↓どちらと言われれば↓と考える場面です。

SP500も同様の動きだが、今のところ9月の下値を割れて来ていない。

中国も株価は三線の下ボックス底辺を抜けるか否かと言う場面です。

上海は下値の抵抗線。3200を割れてくれば再度下降再開とみる。

ヨーロッパも総じて弱く短期的に戻しても下目線でいい場面です。

ヨーロッパはだらだらとした下降波動が継続。特に観るべきところは無い。

こうして各種指標を見てまいりましたが短期的な反発はありそうですが下目線で良いような場面です。ただ気がかりなのは104円から反発したドル円です。上には下向きの三線がございますので最大戻しても上値の下降トレンドライン106円付近までと考えます。こうなった場合日経は10/09の高値23700付近まで戻すことも考えられます。

米国次第でわかりませんが今週はTOPIXのチャートを参考にして売りで望みたい場面です。選挙戦も泥沼化すれば相場も下に振れるのでしょうか?トランプ、バイデンの勝ち負けがスッキリすれば株価はどちらが勝っても↑泥沼化すれば政情不安で↓チャートはこの大統領選は泥沼化すると暗示していそうに見えます(笑)結果は神のみぞ知る場面ですからノーポジで株価を見守ります。

4063(信越化)金曜日に大きな陰線をつけて21MAを抜いてまいりました。三線株価の位置から考えてもまだ上昇波動継続です(やや弱くなってきましたが)ドル円の戻りを考えれば一旦上に向かうとかんがえてここは買いで勝負です。信越も甘えまして売り買い無しでチャートを見守ります(笑)

信越は概ね読み通りの展開。63MAを割れるかアメリカが下に振れる事が無ければ再度上昇の芽は残る。

もたざる不安売りですから下がれば悔しい思いですが逆に上がれば良かった良かったです。なんだか複雑な心境で過ごす今週です。それでは師匠、お休みなさいませ。

考えても無駄だから大人しくどのような動きになるのかをしっかりチェックしておこう。

今週の添削

 師匠、今晩は!
先週は225↓ 4063↑ 見事決まりました!儲けは少ないのですが大変満足のいく結果でした。225に関しては↑↓は読みではなくタイミングでしたね(笑)

信越は間違いないところだね。日経は本当にタイミング重視のヨコヨコ相場だった。そろそろ動きが出てきそうだ。

 今週の予想

「225日経」長いヨコヨコが続きます(8/13~)株価はやや下向きの9MAとやや上向きの21MAの間に入り短い陰線で引けました。63MAはまだ上向きなので中長期的には上昇波動継続中ですが短期的には↓かもと言うところでしょうか?このチャートでは23200円~23700円のボックスですからブレークしたほうに着いて行く場面です。
日柄を考えれば上げて136日(10/09)の23725円が戻り高値と考えれば、ここを抜かない限り下の時間の始まりですがそんな間延びした日柄計算でもいいのでしょうか?日柄を中心に考えるならば損切りを23700円付近に置き売りで入るのも作戦です。各指標を見ながら考えて行きます。

日経は、米株安円高の中でヨコヨコ継続。少し垂れて来たが予想以上に値が持っている。株価は9.21MAのすぐ下にあり、63MAに挟まれている状態。63MAを割れるタイミングが来ると面白くなる。米国に動きが出そうだからそろそろ下へ動き出す可能性が出て来た。

「TOPIX」こちらは一足早く9MAが21MAをDC,」株価はその下にある63MAで守られて短い十字線で引けました。日経に比べてやや弱そうなチャートに見えます。
このチャートだけ見れば↓有利と考えてもいいのでしょうか?三線集結の場面ですから油断は禁物です。

TOPIXは、デッドクロスとなっていて株価は63MAに当たった。ここから63MAを綺麗に割って来ると9MAが63MAをデッドクロスする事になる。そうなれば下値を見に行く流れとなるが、米大統領選を来週に控えてなかなか興味深いタイミング。

ドル円」実体はDCした9MAの下にあります。104円前半は鉄板の底、今回のチャレンジで抜くことが出来るのでしょうか?下降トレンドラインT0.5を割ってまいりました。そうなるとこのラインが上値抵抗線に変わってまいりますので上値は重くなりそうです。このまま下を見るならば↑↓を繰り返し102円を割る場面が見られるのでしょうか?ドル円は↓と見えるチャートです。

ドル円は下降波動継続。先週9.21MAを越えられず再度下降となった。104円前半となっているが、104円を割れると再度102円を見に行く流れになる。くしくも来週の米大統領選に合わせた動きとなりなかなか荒れそうな予感がする。

NYダウ」お辞儀してきた9MAで頭を抑えられた感じで引けております。上昇する21,63MAと下向きの9MAの間に株価は入ってまいりました。三線集結間じかという場面です。↑↓どっちと言うところですが上昇波動は中長期的には継続中です。

DOWは、下りてくる9MAを越えられず21.63MAを割って来た。流れ的には下となり買いは危険な場面。定石ではもう少し下げて9.63MAまで反発し大陰線で急落という流れもあり得る。ただし米大統領選が絡むだけに急激にボラティリティーが上昇する可能性があるので注意が必要だ。一般的には大統領選通過で買いという流れだが、今回は荒れそうだ。

「SP500」ダウに比べて上向きの21MAが効いている印象です。こちらは↑目線で良い様なチャートに見えます。大統領選までは何が何でも下げません!そんな感じのイメージがにじみ出ているようです。

SP500も同様のチャートだが、何とか63MAを死守している。これが割れてくると下への流れが出てくる。まだ先の話だが3300ptを割れてくると大きく波動が転換する可能性があるので注目したい。

今週はアメリカのカナリアラッセル2000も見てみます。ヨコヨコですが株価は3線の↑、ヨコヨコで時間の調整を受けて再び上昇の場面です。

ラッセルは上昇波動継続。63MAまで押せるかどうかが今後を占ううえで重要になってくる。今のところはカナリヤとしての仕事をしているとは言いがたいチャートだね。

上海総合(中国)はどうでしょう?株価は三線を割ってまいりました。21,63MAをGCした9MAですが再び下を目指しそうな場面です。↑↓考えるならば下有利と見えるチャートです。

基本は下値3200ptのBOXと考える。三線集結で絡み合っているため明確なトレンドが出ているとは考えない。レンジにとどまっている間は持ち合い相場であって、意識する場面ではない。

イギリス、ドイツ、フランス、イタリアなどのヨーロッパ市場も三線集結、短い陽線ですが頭が重そうな場面です。

ヨーロッパは、基本的にどの市場もとっくに下降波動転換しているよ。ドイツのDAXも9/3の高値から中勢下降転換している。三線すべてが下向きのデッドクロスとなっているから再度下値を取りに行く動きになっている。ヨーロッパを観る分には既にコロナ初期からのじゃぶじゃぶ相場と実体経済のかい離が現実に引き戻される場面に差し掛かっていると考えるのが妥当だ。

世界中が米国選挙を待っている場面です、そして三線集結でどちらに行くのかわかりませんがそのパワーを貯めているように見えます。11月3日世界はどう動くのでしょうか?

悩みます!ドル円、TOPIXを参考にして売りで勝負です!

4063(信越化) 自信なし!株価は三線の↑短い陰線で終わりましたが上昇波動継続中新高値更新でやや調整の陰線と考えれば素直に上を見ていけるチャートです。気がかりはドル円です。加えてRSI(9)が75と買われすぎの場面です。今週は調整の場面と考えて売りで臨みます。

信越は先週も高値を更新。短い日柄で言えばそろそろ打ち止めと考える場面。円高と相場全体の動きを観るに一旦調整へと進む公算。

米国大統領選では民主党バイデン有利と言うことですが前回のこともありどうでしょうか?相場ではバイデン↑トランプ↓と動いていきそうな気がいたしますがわかりません。全てはチャートが教えてくれるのですが、ヨコヨコではっきりいたしません。迷っている、そんな場面に見えるのは私だけでしょうか?

はっきり言って今回ばかりは相場が大統領選を占ってくれるかどうかはわからないね。トランプ勝利なら上昇する可能性が高いが、バイデンだと難しい動きになる可能性が出てくる。接戦でトランプが負けると裁判なども含めて市場が混乱する可能性があるので注意が必要だ。来週あたり更に動きが出てくるのかもしれないがリスク管理をしっかりしておきたい。

見習い弟子

今週の添削

今週の予想(10/19~)
「日経225」相変わらずボラの低いヨコヨコの相場が継続いたしております。株価は9,21MAの狭い間に入っており上下の方向性が見えない状況です。大きく見れば21500円から23700円のボックス(6月から)の上限あたりでウロウロしている今日この頃です。強いダウと円高のマタサキ状態で身動きが取れない状態です。しかし時間の経過から考えればもうソロソロ動き出しそうな場面ではないでしょうか?日経を見る限りどちらに動くかはわかりません(日柄から考えれば下の時間ですが)他の指標を見ながら考えて生きます。

日経は先週もヨコヨコの動き。ボラも低く9MA付近で横ばい。現状では特に新しい動きは無く書く事のないつまらない相場が継続している。

「TOPIX」株価は9,21MAを割ってまいりました。63MAが機能して短い陰線で終わりました。日経に比べて弱い印象です。63MAが機能するとすればここは一旦9,21まで戻り抜くか、跳ね返されて再び63MA割れチャレンジか?と言う場面です。例え戻したとしても129日の日柄から考えれば1665Pitを越えることなく下に向かうと考えます。

TOPIXは、日経と違いが出て来た。下値の抵抗線は保っているものの9.21MAの下に入りデッドクロスとなってきている。問題はここから63MAを割れるかどうか。63MAを割って来れば一気に警戒感が出てくるので注目したい。

ドル円」63MAが効いて一旦21MAを割ってまいりました。下ひげで戻して21MAに乗っかったところで引けております。下降波動継続中ですが日柄的には170日とソロソロ上の時間と言う気もいたします。ただ下向きの63MAが機能している限り上値も重いわけですからここは下方向が継続と考えて円高方向に向かうチャートと考えます。

ドル円は105円の抵抗線を守り再度反発となっている。三線は集結してきており下向きの21MAに9MAが向かってきている。この場面はなかなかややこしい局面だが、すぐ上の63MAを越えるか再度105円を試すか確認したい。弟子のいうように下降波動の日柄も長くなっているから一旦上昇へ転換する可能性はあるが、じゃぶじゃぶしているドルにどの程度の上昇力があるのか懐疑的だ。大統領選までの時間調整との見方もありかもしれない。

NYダウ」株価は三線の↑、上昇波動継続中です。9/03の戻り高値29199$チャレンジの場面です。素直に上昇波動継続と読んで良いチャートと考えますが高値圏であり上値は重い印象です。高値圏でのもみ合いと言う状況でしょうか?

DOWは、上値を伸ばせず9MAを割れて来た。すぐ下には21.63MAがあるがここに突っ込むか注目したい。大統領選前という事を勘案すると一気に割れそうな気はしないから、しばらく横ばい気味に推移するのではないか。

「SP500」株価は三線の上にあります。三線集結から上に抜けた印象のチャートですから再度上昇波動継続と見て良い場面です。

SP500も同様のチャート。DOW同様持ち合いとなるか観て行きたい。

今週も先週と同じような悩みです。米国↑ドル円↓ 日経股裂き状態で悩みます。大統領選やコロナワクチンの開発状況で株価は上下に乱高下の場面と考えますが以外にヨコヨコ。安心してるとドカンと来そうで怖いのですが、、、、。今週もTOPIXの日柄と三線株価の位置から考えて一旦63MAで反発、21,9MAで頭を抑えられて再び63MAを割りに来る狭い範囲の動きと考えます。よって売りで勝負です!

今週も先週同様明確に予想できる相場ではないから動くだけ無駄になりそうだね。

4063「信越化」新高値14415円をつけて株価は三線の上、9MAは21MAをGCしております。上昇波動継続と考えて、自信をもって買いで勝負です!

信越は高値を取った後小動きとなっているが9MAの上で粘っているこれまでの日柄を観ると、日経が崩れなければもう少し上値を追いそうだ。

コロナワクチンはジョンソン&ジョンソン、イーライリリー、アストラゼネカなど大手製薬企業が治験を見直す中でファイザーが緊急治験に名乗りをあげてきました。ご存知バイアグラで大儲けした企業です。狙ったような緊急治験、もちろんトランプさんは飛びつくでしょう(笑)時の政府の後ろ盾を受けトントン拍子に治験が進み選挙前に認可の方向性が見えればファイザー社の大逆転です。ワクチン開発競争も目が離せません。さて、大急ぎで開発されたとしてもそのワクチンを打ちますか?おそらく国は推奨するでしょう。開発されたワクチンの副作用に関して開発メーカーは責任を持たないのが今回の特殊な条件です。責任は使用各国が持つそうです。物騒な話です、ワクチンの使用は良く考えてからですね。

選挙戦までに乱高下があるのでしょうか?あるとすれば「嵐の前の静けさ」のヨコヨコ相場でしょうか?

大統領選は、読めないので動きにくい状況が継続。噂やニュースに翻弄されるパターンもあり得るだけに何とも言えないね。今の基本はポジションを少なめにしてリスクを取り過ぎない事が大切だね。

今週の添削

今週も引き続きつまらない相場になりそうだ。大きな動きが出るまではゆっくり静観したい。

師匠、こんばんは!今週の予想

日経平均」23725円、直近高値を取ってまいりました。この高値が戻り高値となって調整を始めるのか、はたまた24115円を目指すのか?株価は三線の上に出てまいりました。安値、高値ともに切り上げですから緩やかな上昇局面と見るべき場面です。また23500円のボックス上限を上抜けしたとも見られる場面ですが、抜けたかな~とも見えるホンワカした状況です。足形を見れば短いですが「かぶせの陰線」で下を暗示させる場面です。

日経平均は上昇波動継続。株価は9.21.63MAの上にあり9.21MAはほぼ重なっている。日柄も80日となりかなり間延びしている印象だが値幅も少なくテクニカル的には横ばいと言っていい状況が継続している。現状では特に買いも売りも妙味が少ない展開と言える。結局大統領選まではこのような状況が続きそうだ。

「TOPIX」9/29の1665Pitが戻り高値です。1665と1600のボックスの中を動いており、現在はそのボックスの上限に株価はあると言う状態です。株価は三線の上にありますがヨコヨコで強い上昇を感じられませんが、さりとて↓とも感じられません。緩やかではありますが上昇局面、この場面で現れた「弱気の抱き線」です。月曜日の値動きが重要です。三線株価の位置からすれば上有利な場面ですが日柄や足型を考えれば下と見る場面と考えます。

TOPIXも同様の動き。値動きも少なく材料難と言ったところ。波動的にはほぼ横ばいで消極的な買いといったイメージか。

ドル円」下降する63MAまで戻しましたがここで頭を抑えられ下方向に振られて上昇する9MAを抜けて105.59で引けております。下には21MAがありますので63MAと21MAではさまれた狭いゾーンでガチャガチャするのでしょうか?どちらにせよ下降トレンドですから下有利という場面です。

ドル円は63MAが効いた。再度9MAを割り込み21MAまで来ている。21MAを割って来ると104円割れの流れが見えてくる。

NYダウ」株価は三線の上にあります。上昇への拡散が始まる場面に見えます。三線集結から↑と言う場面です。このまま上を見ていけるチャートと考えます。

DOWは上昇。先月の高値が見えて来ているが越えられるかが焦点。三線も上昇に転じており強い動きとなっている。追い詰められたトランプ陣営が追加の経済対策を出していけば下値不安は減るだろうが選挙前後で大きく転換する可能性もある。

「SP500」三線集結からの上離れ、株価は上向きの9MAの上にあります。このまま上を見ていけるチャートです。米国はトランプが快復したことを材料に上げてきました。9/02の戻り高値(3588pit)を抜いてくるのでしょうか?ここを抜いてくれば日柄も、上昇3波終焉もキャンセルして上を見ていくのでしょうか?

SP500もほぼ同様のチャート。史上最高値に接近してきている。こちらも大統領選に向けて上値の読みにくい展開といえる。

上を見ていけそうな米国、円高臭い為替、またまた日経は股裂き状態です。またVIX指数を見る限り比較的下のほうにあり安定した動きですから大きなボラもなさそうです。今週はドル円↓を重視し、更にTOPIXの日柄を考えて、逆張りの売りで勝負いたします!

相変わらず日本株は米株高と円高で身動きが取れない状況にある。現状ではあまり売買する優位性があまりない。しっかりとしたトレンドが出るまで我慢するのが基本スタンスだろう。

信越化」21MAと63MAとの中間地点までの調整を受けまして再び9MAの上に出てきた株価です(高値14280円)9/16の高値14305円に迫ってまいりました。10/05のDCはダマシとなるのでしょうか?ドル円の下げに反応して↓と読むべきか、三線の上に戻った株価を見て上昇再開と見るのか判断に迷います。RSIが50を抜いてまいりました。日経とは逆になりますが順張りで買いと行きます!

信越は思いのほか円高懸念が効いていない印象。下値の抵抗力も強くかなり優秀な銘柄と言える。株価が高値付近で横ばいなのでここで待てば9MAが戻ってくる。そうなれば9.21MAが足場となって再度高値更新という好循環になりそうだ。

日経売り信越化買い となりました。